計装工事

計装工事

当社では、計装設計で計画された場所が測定上・制御上、適切であるかの確認作業を行い、施工を開始します。
具体的には、制御盤や測定機、調節弁の設置、配線の保護物(ケーブルダクト、電線管)の設置、各機器間の配線、配管の布設などです。
工事後は、計画通りにできているか試運転。
結線・接続に間違いが無いか、配線の絶縁抵抗が落ちていないか、配管に漏れはないかなど細かくチェックします。
その後は制御機器が正しく動作していることを確認し、施工完了となります。

計装技術は複雑・多岐に渡るもので、計装が不具合を起こせば、大きな支障をもたらすことは必至。
それだけに計装工事を行うものの技術力が問われる工事です。
当社は計装工事の中でも、空調設備の計装工事を数多く行ってきました。
計装工事をお考えの方は、実績豊富な泉電工株式会社にお任せください。

実際にこのような場所の空調自動制御工事を行いました

◆高層オフィスビル
◆公共ホール
◆病院、施設
◆学校等の施設
◆工場

一覧ページに戻る